ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

被爆体験者訴訟

 長崎原爆の被爆地域は被爆当時の行政区域に沿って線引きされ、爆心地から南北約12キロ、東西約7キロと細長い。原爆投下時に半径12キロ圏内にいても、国が定める地域外で原爆に遭った人は「被爆体験者」として区別され、被爆者健康手帳は交付されず、被爆者として認められない。
 被爆体験者の第1陣訴訟は2007年、長崎市などに手帳交付を求めて長崎地裁に提訴したのが始まり。長崎地裁では全面敗訴し、福岡高裁では控訴が棄却され、昨年12月の最高裁判決では入市被爆を主張した男性1人を除く387人が敗訴した。11年に提訴した第2陣は長崎地裁が原告161人中10人を被爆者と認めたが、原告、被告双方が控訴し、福岡高裁で係争中。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR