ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

震度6強

 地震の揺れを表す0から7まで10段階ある震度階級のうち2番目に強い。国内で観測されるのは2016年4月16日の熊本地震以来。08年の岩手・宮城内陸地震や11年の東日本大震災の後にも観測された。揺れに翻弄(ほんろう)されて動けず、飛ばされることもある。室内では固定していない家具のほとんどが動き、倒れるものが多くなる。壁のタイルや窓ガラスが破損、落下することがある。傾いたり倒れたりする木造建物が増え、鉄筋コンクリートでできた建物でもひび割れや亀裂が生じる。屋外では崖崩れや地滑りが発生することがある。1996年の改定で震度6が6強と6弱に分けられた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ