ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

SNSのフォロー

 つながりを持ちたい人や企業などが発した文章や写真、動画などが自分のページに表示されるようになる仕組み。フォローしているSNS利用者のことをフォロワーと呼ぶ。数百万人を超えるフォロワーを持つ著名人もいる。普及が進むスマートフォンで扱えるため、近年は個人間のやりとりだけでなく、企業や自治体がフェイスブックやインスタグラムなどのSNSを情報発信の手段として重視している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

関連記事

フォロワー獲得やりすぎ?学校“介入”に戸惑う生徒 県開設アカウント 教員「多忙化に拍車」

 今や、ツイッターやフェイスブックなどの会員制交流サイト(SNS)は若い世代のコミュニケーションに欠かせないものとなっている。そんな中、長崎県立高校に通う3年生から「あるSNSページをフォロー(登録)するよう学校の先生から言われているんです」と困惑の声が特命取材班に寄せられた。好きな芸能人から身近な友人まで、つながる対象は個人の自由のはずなのに。なぜ学校側が“介入”するのだろう。

 生徒が手にしていたのは1枚のチラシだった。「長崎出身者でつながって、ふるさとを盛り上げましょう!」と書かれ、世界新三大夜景に登録された長崎市の夜景や、島原市の名菓「寒ざらし」などの写真があり、ツイッターとインスタグラムそれぞれの専用2次元コードが載っている。

 実はこれ、高校卒業予定者に対して、今後も地元と関わりを持ってもらおうと長崎県が開設したアカウント「つながるナガサキ」を知らせるチラシ。4月からの本格運用を予定しており、ツイッターとインスタグラムでフォローしたか、生徒が教員に報告するためのチェック欄が設けてある。生徒は「強制かよっと思いますよね…」と表情を曇らせる。

 背景には何があるのか。長崎県は急速な人口減少に悩まされている。近年は年に5千~6千人の転出超過で、15~24歳の若年層がその8割を占め、将来を担う若い世代の地元定着が喫緊の課題。県若者定着課によると「つながるナガサキ」は県外に就職や進学する高校生とSNSを通じ、将来的にUターン就職や移住を促すアカウントとして育てる狙いがあるという。

   □    □

 県と県教育委員会は1月28日付で各公立高に「若者定着のためのSNSによる情報発信への協力について」と題した依頼文書を送付し、卒業予定の生徒にフォローを指導するための教員向け手順書も添えた。3月15日までに何人のフォロワーを獲得できたのか、その数を取りまとめて高校教育課に報告するよう各校に求める内容だ。

 現役教員の一人はSNSの趣旨には賛同しつつ、「登録するかどうかは生徒の内面に関わる。県や学校が上から目線でフォローを指導しても、若者は付いてこないでしょう」。全員をフォローさせなければならないような“圧力”さえ感じるといい、生徒への確認作業や指導にも気を使う。「こんなくだらない作業が教員の多忙化に拍車を掛けている」と頭を抱える。

 今春の長崎県内の公立高卒業予定者は約8700人だが、フォロワー数は195人(16日現在)。

 学校現場からSNSフォロワー数の報告を求める運用について、県若者定着課の原口修課長補佐は「若年層の地元回帰に懸ける私たちの思いが強すぎた。戸惑いの声が上がっているのなら、やり方の再検討が必要かもしれない」と話した。

 静岡大教育学部の塩田真吾准教授(情報モラル)は「SNSのフォローを教育機関から指導するのは問題ないが、関心がないコンテンツが多ければブロック(遮断)できるため、実際には伝わらなくなる可能性がある。口コミで支持されるような内容にする方が長続きするだろう」としている。

【ワードBOX】SNSのフォロー

 つながりを持ちたい人や企業などが発した文章や写真、動画などが自分のページに表示されるようになる仕組み。フォローしているSNS利用者のことをフォロワーと呼ぶ。数百万人を超えるフォロワーを持つ著名人もいる。普及が進むスマートフォンで扱えるため、近年は個人間のやりとりだけでなく、企業や自治体がフェイスブックやインスタグラムなどのSNSを情報発信の手段として重視している。

=2019/02/17付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ