ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

ハンセン病に対する意識

 福岡県の小学校で2013年、ハンセン病について学習した6年生が「骨がとける」「うつらないようにマスクをする」などと書いた感想文を熊本県の国立ハンセン病療養所「菊池恵楓園」に送付。児童に誤解を与える授業をしていたことが分かり問題になった。熊本県が毎年実施している県民アンケートでは、ハンセン病に対して差別や偏見意識が「ある」「少しある」と回答した人は26・5%(18年)だった。数値は、ここ5年横ばい。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ