ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

本紙の広島原爆報道

 広島原爆では、現在の広島市中区にあった西日本新聞の広島支局も被爆。男性の新人記者と女性事務員が犠牲になった。1945年8月6日夕、本紙山口支局の荒牧博之記者が、7日夜に福岡市の本社から鬼頭鎮雄・前文化部長らがそれぞれ現地入り。支局員の捜索や取材に当たった。本紙は7日付で<広島に投弾>の見出しで50字の記事を掲載。10日付で荒牧記者の署名で広島原爆の現地の状況を報じた。<復興救護へ戦友愛>の見出しで写真はなく、荒牧記者は戦後「検閲が厳しくて、全部書き換えられた」と証言している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ