ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

最近のワードBOX

ゲノム編集(2017年10月06日更新)

 生物の遺伝子を狙い通りに改変できる技術。近年「クリスパー・キャス9」という手法が開発され、使いやすさから家畜や植物の品種改良目的で爆発的に普及した。細胞内で特定の遺伝子を切断する酵素を道具として...

筑後川(2017年10月06日更新)

 福岡、佐賀、熊本、大分4県を流れる九州最大の1級河川。熊本県南小国町の瀬の本高原に源を発し、筑紫平野を貫流して有明海に注ぐ。国土交通省筑後川河川事務所によると、幹川流路延長143キロ、流域面積2860平方キロメートル。耕地のかんがい利用や生活用水など九州北部の暮らしや経済、文化活動を支えている。

米ヤフー(2017年10月04日更新)

 ウェブ検索業界の草分け的存在で1995年設立。96年にソフトバンク(当時)と共同でヤフー日本法人を設立した。米グーグルなどライバルに押され、経営不振となった。米通信大手ベライゾン・コミュニケーシ...

バングラデシュのヒ素汚染(2017年10月03日更新)

飲料水の水質浄化装置について協議するAANの現地スタッフやユニセフ関係者(今年6月、バングラデシュ・マハムドゥプール村=AAN提供)

 1980年代、水源だった池や沼の細菌由来の病気を防ぐため各地に井戸を建設。その地下水に天然に存在する多量のヒ素が含まれていたため、皮膚や呼吸器、肝臓、神経などが侵される慢性ヒ素中毒症が広がった。国や国際機関、NGOなどが対策事業を進めているが、現在も人口の8分の1に当たる約2千万人が汚染水の脅威にさらされている。

カネミ油症(2017年10月02日更新)

 1968年に長崎、福岡両県など西日本一帯で発生した食品公害。カネミ倉庫(北九州市)製の米ぬか油にポリ塩化ビフェニール(PCB)が混入したことが原因で、油を口にした約1万4千人が体の吹き出物や手足...

水銀に関する水俣条約(2017年10月02日更新)

 水銀と水銀化合物による環境汚染や健康被害の防止を目指す国際条約。前文で水俣病の教訓に言及。鉱山での水銀産出から輸出入、使用、廃棄までを包括的に規制し、水銀を含む体温計や電池などの製造、輸出入を2020年までに原則禁止することなどを定めている。13年10月に熊本市で開かれた国際会議で採択され、日本は16年2月に締結。今年8月16日に発効した。9月25日現在の締約国・地域は83。

衆院の採決方法(2017年10月01日更新)

 本会議に出席した議員の起立採決が一般的だが、予算案や内閣不信任決議案などの重要議案、対決法案では出席議員の5分の1以上が求めれば本会議場での記名投票とすることが可能になる。議員の名前を記した2種...

警察庁の児童虐待統計(2017年09月30日更新)

 虐待されている疑いがあるとし、都道府県警が児童相談所へ通告した18歳未満の子どもの人数や加害者の摘発状況をまとめている。今年上半期に通告した子どもは3万262人で過去最多。このうち、子どもへの暴...

泉南アスベスト訴訟(2017年09月30日更新)

 大阪府の泉南地域の紡績工場でアスベスト(石綿)を吸い込んで中皮腫や肺がんを患った元労働者らが国に損害賠償を求めた集団訴訟。最高裁は2014年10月、対策を怠った国の賠償責任を初めて認め、2陣原告の患者30人と遺族に約3億3千万円の賠償を命じた大阪高裁判決が確定。高裁で敗訴していた1陣原告の患者22人と遺族も高裁に審理が差し戻され、国が約2億7千万円を賠償するなどの内容で和解した。

J1昇格(2017年09月28日更新)

 J2で年間順位の1、2位に入れば、次のシーズンからJ1へ自動的に昇格する。3~6位になるとJ1昇格プレーオフに進み、準決勝と決勝を勝ち抜いた1クラブが昇格できる。今シーズンのプレーオフは11月2...

事業主拠出金(2017年09月28日更新)

 政府が子育て支援策を進めるため徴収している企業の負担金。厚生年金保険の被保険者を雇っている事業主が対象となる。労使で折半する厚生年金の保険料とは異なり、事業主が全額負担する。児童手当や病児保育などに加え、事業所や商業施設の中に保育所を整備する「企業主導型保育所」の費用に使われている。料率の上限は2016年度の法改正で0・15%から0・25%へと引き上げられた。

参院選「1票の格差」(2017年09月28日更新)

 議員1人当たりの有権者数が選挙区ごとに異なるため、1票の価値に格差が生じる問題。法の下の平等を定めた憲法に違反すると指摘されている。参院は衆院に比べ定数が少なく、3年ごとの半数改選のため選挙区の...

司法修習生の給費制(2017年09月27日更新)

 国が司法試験合格後の司法修習生に対し、修習に専念させるため、月額約20万円の基準額や諸手当を実質的な給与として支給していた制度。2011年、法曹人口の拡大に伴う財政負担を軽減させるため、無利息だ...

ジオパーク(2017年09月27日更新)

 貴重な地質や地形を備えた自然公園。地球や大地を意味する「ジオ」と「パーク」(公園)を組み合わせた名称。日本ジオパーク委員会が認定する日本版と、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が認定する世界版がある。世界版には8地域が認定されている。

スーパーカブ(2017年09月27日更新)

 ホンダが1958年に発売した二輪車。「そば屋の出前持ちが片手で運転できるように」と、足元で変速できるようにするなど使い勝手を追求して開発。ホンダの経営が拡大する原動力になった。発売から約60年が経過した現在でも基本的な構造はほとんど変わっていない。中国のほかインドネシアやベトナム、タイなどで生産され、年間約300万台が販売されている。

若年性認知症(2017年09月25日更新)

2012年秋ごろの原口義昭さん(右)と、妻トシ子さん(デイサービス絆提供)

 65歳未満で発症する認知症。2009年の国の推計によると、全国に約3万8000人の患者がおり、発症年齢は平均51.3歳。男性により多いとされる。アルツハイマー病と脳卒中に起因する血管性認知症が大半。うつ病と誤診されるなど、診断までに時間がかかるケースも多い。40歳以上は介護保険を利用できるが、働き盛りでの発症は家計への影響が大きい。

関連記事

芦屋釜(2017年09月25日更新)

書籍「釜と金工品」を紹介する新郷英弘さん

 14世紀中頃から17世紀初めにかけ、現在の芦屋町で生産された茶の湯用釜。文様の美しさ、薄さと軽さが特徴。茶人からの評価が高く、国指定重要文化財の茶釜9点のうち8点を占める。室町時代には大名の大内...

ドイツ総選挙(2017年09月25日更新)

 連邦議会(下院)の基本定数は598。全体の議席配分は比例代表の各政党の得票率で決まる。ただ半数の299人は小選挙区で直接選出し、各党は全体の議席配分から小選挙区の当選者を引いた数を比例議席として...

人工知能(AI)(2017年09月25日更新)

 膨大な情報「ビッグデータ」を解析し、人間の脳のように物事を学習したり、意思決定したりするコンピューターのプログラム。国内外で急速に技術が進歩しており、ITを活用した金融サービス「フィンテック」でも中核技術に位置付けられている。銀行、保険、証券各社はAIを使えば人手のかかる事務手続きの負担を軽減でき、新たなサービス・商品の発案にも役立つとして、IT企業などと連携し開発や導入を競っている。

北方領土墓参(2017年09月24日更新)

 北方四島の元島民と親族が、旅券やロシアの査証(ビザ)を持たずに4島へ墓参に訪れる仕組み。4島が日本に帰属するとの日本政府の立場を踏まえている。人道的見地から日本と旧ソ連が協議し、1964年に始まった。年度ごとの回数や日程は、日ロ当局間協議で決定。例年7~9月の間に数回実施している。事業主体は北海道で、2016年度までに102回実施し、元島民と親族延べ3471人が参加した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]