ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

最近のワードBOX

小泉、ブッシュ会談(2018年06月14日更新)

 小泉純一郎首相は、イラク戦争開戦から2カ月たった2003(平成15)年5月、ブッシュ米大統領の私邸に招かれ首脳会談をした。ブッシュ氏の牧場を案内されるなど厚遇ぶりが話題になり、蜜月ぶりをアピールした。

日本人拉致問題(2018年06月14日更新)

 1970~80年代に北朝鮮工作員らが日本人を相次ぎ連れ去った国際犯罪。2002年の日朝首脳会談で、当時の金正日総書記は拉致を認めて謝罪し、被害者5人の帰国が実現した。北朝鮮は日本が拉致被害者に認...

地域包括ケアシステム(2018年06月14日更新)

買い物袋を提げ、自宅前で降りる樋口シズ子さん(中央)。この日はボランティアの樋口義春さん(左)が付き添い、山本貴幸さん(右)が運転した

 高齢者が重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で人生の最期を迎えられるよう、医療・介護・住まい・生活支援・介護予防を自助、公助、共助、互助を組み合わせて一体的に提供する仕組み。国が構築を推進しており、団塊の世代(約800万人)が75歳以上になる2025年までの実現を目指す。人口1万人程度の中学校区を単位として想定。在宅医療を充実させて病床数を減らし、医療費を抑制するのが狙い。

高田警部補射殺事件(2018年06月13日更新)

 1993(平成5)年5月4日にポル・ポト派とみられる武装勢力に射殺され死亡。同行していた邦人文民警察官4人も重軽傷を負った。国連平和維持活動(PKO)要員で唯一の日本人犠牲者だった。岡山県警出身。

排ガス規制逃れ問題(2018年06月13日更新)

 ディーゼルエンジン車が排出する窒素酸化物(NOX)の排出規制を不正な手段でクリアしていた問題。ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が違法なソフトウエアを搭載し、実際の走行時のNOX排出量が...

カンボジアPKO(2018年06月12日更新)

 日本を含む44カ国が参加、1992(平成4)~93(同5)年に活動した。要員は2万2千人で当時はPKOとして史上最大だった。民主国家樹立を目指し国連カンボジア暫定統治機構が設立され明石康氏が代表になった。

袴田さんの再審(2018年06月12日更新)

 1966年6月30日、静岡県清水市(現静岡市清水区)のみそ製造会社専務宅から出火し、殺害された一家4人の遺体が見つかった。元プロボクサーで従業員の袴田巌さんが強盗殺人罪などで起訴され、公判で無罪...

再審請求(2018年06月12日更新)

 有罪が確定した後、事実認定の誤りが見つかったことなどを理由に裁判のやり直しを求める手続きのこと。無罪や原判決より軽い刑を言い渡すべき新たな証拠が発見された場合や、虚偽の鑑定や証拠の偽造が証明され...

放課後等デイサービス(2018年06月10日更新)

 障害福祉の一つで、6~18歳の障害児が放課後や長期休暇などに通う施設。全国に約1万1千カ所あり、約17万人が利用する。自閉症といった発達障害や、知的障害のある子どもが中心で、生活能力向上のための...

参院選挙制度改革(2018年06月09日更新)

 参院選「1票の格差」を是正するための制度改革。最高裁は格差が最大4.77倍だった2013年参院選などを「違憲状態」と判断。これを受け、16年参院選から鳥取、島根両県と徳島、高知両県をそれぞれ1選...

日朝平壌宣言(2018年06月08日更新)

 2002年9月17日、北朝鮮・平壌を訪れた当時の小泉純一郎首相が金正日(キム・ジョンイル)総書記と会談し、署名した共同宣言。日本は植民地支配への「おわび」を表明し、国交正常化後の経済協力に言及し...

認知機能検査(2018年06月07日更新)

 75歳以上の免許保有者を対象とし、記憶力や判断力に問題がないか確認する検査。免許更新時や、逆走など18項目の違反をした際に臨時で受検が課せられる。複数のイラストを見て一定時間後にどの程度記憶して...

認知症(2018年06月07日更新)

 何らかの原因で脳の細胞が壊れるなど働きが悪くなり、さまざまな障害が起こって生活する上で支障が出ている状態が約6カ月以上続くケースを指す。加齢に伴う物忘れと異なり、体験の一部だけではなく体験自体を忘れ、もの忘れの自覚もなく、日付や季節も分からなくなるとされる。患者は2025年には65歳以上の5人に1人になると見込まれる。早期発見し適切に対応すれば、急激な進行を止められるという。

所有者不明土地(2018年06月07日更新)

 誰が所有しているのか分からなかったり、所有者と連絡がつかなかったりする宅地や山林など。地方の地価低迷や人口流出を背景に、相続しても費用と時間のかかる登記手続きをしない人が相次いでいるのが増加の主な要因。

シャープの経営再建(2018年06月06日更新)

 主力の液晶パネル事業の不振で業績が大幅に悪化したシャープは、一時債務超過に陥った。2016年8月に台湾・鴻海精密工業の傘下に入ってコスト削減など業務改善を進め、17年12月に東証2部から1部に復帰した。18年3月期連結決算は、液晶テレビの販売が好調だったことなどが寄与し、純損益が4年ぶりの黒字となった。

子ども安全管理士(2018年06月05日更新)

長崎県大村市の各施設で実際に起こった事故例をまとめたパンフレットの一部

 5歳の長男を河川事故で亡くした吉川優子さん(46)=神奈川県=が代表を務める一般社団法人「吉川慎之介記念基金」が提唱する安全管理者。公的な資格ではなく、同財団は2015~16年に東京や大阪で養成...

東芝の経営再建(2018年06月02日更新)

 東芝は2015年、過去に不正会計があり利益を水増ししていたことを公表した。財務基盤を立て直すため、優良な医療機器子会社をキヤノンに譲渡し、資金を捻出した。合理化の一環で白物家電事業も中国企業に売った。さらに米原発子会社の事業が巨額損失を出し、半導体事業の売却も決断した。17年12月には約6千億円の増資も実施した。

あまおう(2018年06月02日更新)

 福岡県が2001年に開発したイチゴの品種。「あかい・まるい・おおきい・うまい」の頭文字から名付けた。栽培は県内限定で、03年に本格販売開始。県やJA全農ふくれんによると卸売市場への販売単価は主要産地の中で16年度まで13年連続日本一。16年度の卸売市場への販売量は1万1299トン、販売額は153億円でともに全国2位。

労働契約法20条(2018年06月02日更新)

 契約社員やパート、嘱託社員など非正規労働者と正社員との不合理な待遇格差を禁じる規定。2013年の改正法施行で新設された。不合理かは(1)職務内容や責任の程度(2)配置変更の範囲(3)その他の事情...

高齢者の継続雇用(2018年06月02日更新)

 少子高齢化に伴い、60歳を超えて働く人は増えている。2013年4月施行の改正高年齢者雇用安定法は、希望者全員の65歳までの雇用を企業に義務付け(1)定年延長(2)定年制の廃止(3)継続雇用制度の導入-のいずれかの実施を求めた。厚生労働省によると、企業の約8割が継続雇用制度を取り入れ、契約社員として再雇用するなどしている。大幅に賃下げされた人には「高年齢雇用継続給付」が支給される。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]