ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

広島原爆

 1945年8月6日午前8時15分、米軍のB29爆撃機「エノラ・ゲイ」がウラン型原子爆弾の「リトルボーイ」を広島市に投下した。市中心部の広島県産業奨励館(現・原爆ドーム)付近の上空約600メートルで爆発。爆心地の地表温度は3千~4千度に達し、爆風や熱線で街の広範囲が瞬時に壊滅した。当時の人口約35万人のうち、45年末までに約14万人が死亡したとされる。現在も被爆者の多くが、放射線の影響によるがんなどの病気や健康不安に苦しんでいる。

2018年08月06日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]