ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

日朝平壌宣言

 2002年9月17日、北朝鮮・平壌を訪れた当時の小泉純一郎首相が金正日(キム・ジョンイル)総書記と会談し、署名した共同宣言。日本は植民地支配への「おわび」を表明し、国交正常化後の経済協力に言及した。日本人拉致問題については「日本国民の生命と安全にかかわる懸案問題」との表現で触れ、北朝鮮は再発防止への「適切な措置」を約束した。核・ミサイル開発問題は、対話による解決の必要性を確認した。日本政府は、宣言は現在も有効としている。

2018年06月08日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]