ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

カネミ油症

 1968年にカネミ倉庫(北九州市)製造の食用米ぬか油を摂取した約1万4千人が、皮膚炎や肝機能障害などの被害を届け出た食品公害事件。米ぬか油にポリ塩化ビフェニール(PCB)が混入したことが原因とされる。認定患者は福岡、長崎両県を中心に2322人(3月末現在、死亡者を含む)。長崎県によると、このうち約4割の873人(同)が五島市に当時居住、同県による認定を受けた。

2018年08月09日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]