ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

核実験モラトリアム(一時停止)

 冷戦の終結を受け、ブッシュ米大統領(当時)が1992年10月、97年以降の米国の核実験を全面禁止する条項を盛り込んだ93年エネルギー水資源開発支出法案に署名。同大統領は再選すれば禁止条項を見直す考えだったが、再選を果たせず、クリントン政権は就任後、核実験を行わずモラトリアムを堅持。95年の核拡散防止条約(NPT)の無期限延長実現に向け、非同盟諸国の支持拡大の狙いもあった。ブッシュ現政権は包括的核実験禁止条約(CTBT)に反対、実験準備期間の短縮に関する研究を指示し、国防総省が機密報告書「核体制の見直し」で大幅短縮を勧告していた。

2003年05月07日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]