ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

長崎平和宣言

 平和祈念式典で長崎市長が世界に向けて発信するメッセージで1948年に始まった。場合によって国の政策に異議を唱える内容が盛り込まれることがある。74年に有識者らでつくる平和宣言文起草委員会が発足。委員会での議論を重ねて練り上げられている。80年からは長崎市長を委員長として被爆者のほかに平和運動家らも参加する現在の形になった。市長が外部の意見を聞いて自ら書く「広島方式」とは違い、市民と公開の議論に基づいて文章をまとめていくのが「長崎方式」の特徴として知られる。

2017年05月14日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]