ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

ロッド空港乱射事件

 1972年5月30日夜(日本時間31日)、奥平剛士・元赤軍派幹部、安田安之メンバー、岡本公三容疑者の3人が、イスラエルのテルアビブ・ロッド空港の到着ロビーで自動小銃を乱射。イスラエル警察と銃撃戦となり、旅行客ら26人が死亡、70人以上が重軽傷を負った。パレスチナ解放人民戦線(PFLP)が計画した武装闘争で、3人のうち岡本容疑者だけが生き残り、イスラエルの軍事法廷で終身刑の判決を受けた。日本赤軍最高幹部の重信房子被告らはPFLPと共同声明を出し、この日を日本赤軍結成の日とした

2003年05月07日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]