ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

日ソ共同宣言

 日本とソ連が戦争状態を終了し、国交を回復した宣言。1956年10月19日に鳩山一郎首相とソ連のブルガーニン首相が調印。両国議会が批准し、同年12月12日に発効した。平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すと明記された。ソ連崩壊後の2001年、森喜朗首相とロシアのプーチン大統領が署名したイルクーツク声明で有効性を確認。安倍晋三首相とプーチン氏は今年11月14日の会談で、宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速する方針に合意した。

2018年12月03日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]