ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

環境モデル都市

 低炭素社会の実現に向けて温室効果ガス大幅削減などに取り組む政府選定の自治体で、国が施策に財政支援をする。2008年7月に水俣市や北九州市など6自治体が選定され、現在23自治体に拡大している。水俣市は05年度の二酸化炭素(CO2)排出量約17万6千トンを基準に、20年度11万9千トン(32%削減)、50年度8万8千トン(50%削減)にする目標を設定している。

2018年01月26日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]