ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

のぞみ34号のトラブル

 2017年12月11日、JR西日本が所有する博多発東京行きのぞみ34号で、乗務員が小倉駅を出発後に焦げた臭いを確認。その後も異臭や異常音などに気付きながら、現場と指令員が停止判断を人任せにし、名古屋駅で運休するまで約3時間運転を続けた。台車枠の亀裂は底面に16センチ、両側面に約14センチで破断寸前だった。運輸安全委員会が新幹線で初の重大インシデントに認定した。

2018年03月01日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]