ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

船迫窯跡

 築上町船迫にある古代窯業を知ることができる窯跡。標高40~100メートルの丘陵裾野から山頂にかけて9基の窯跡がある。6世紀後半の須恵器生産、7世紀後半の瓦生産を経て、8世紀中頃の豊前国分寺(みやこ町)の瓦生産までの変遷をたどることができる。巨大な瓦製作工房建物跡が見つかり、窯跡群と工房跡は1999年、国指定史跡になり、現在は船迫窯跡として一般公開されている。

2018年05月12日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]