ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

子ども安全管理士

 5歳の長男を河川事故で亡くした吉川優子さん(46)=神奈川県=が代表を務める一般社団法人「吉川慎之介記念基金」が提唱する安全管理者。公的な資格ではなく、同財団は2015~16年に東京や大阪で養成講座を開き、約200人を認定した。長崎県大村市ではNPO法人「Love&Safetyおおむら」が同財団の了承を得て独自のプログラムで養成。リスク管理の手法や心肺蘇生法など計10回の講座を開き、市が認定している。

2018年06月05日更新

【関連記事】

幼児の事故なくせ 子ども安全管理士の取り組み 長崎・大村市 遊具や施設のリスクなくす

 幼い子どもを安全な環境で預かるはずの幼稚園や保育所で悲しい事故が後を絶たない。内閣府によると2015~17年、こうした未就学児が過ごす施設で35人が亡くなった。事故はどうすれば減らせるのか。リスク管理の手法を学んだ幼稚園教諭や保育士を「子ども安全管理士」に認定し、施設への配置を進める長崎県大村市の取り組みを紹介する。

 大村市の大村聖母幼稚園。昼食後、動き回りながら歯を磨く子どもたちを見て、子ども安全管理士の佐尾美生子さん(28)は心配になった。「このままではいつか事故が起きかねない」

 幼児の歯磨きは危険がいっぱいだ。歯ブラシを口にくわえたまま転んで喉を突くケースも多い。「どうしたらいいと思う?」。佐尾さんが子どもたちに考えさせると、こんな答えが返ってきた。「歯磨き中は動かないようにすればいい」

 そうやって設けたのが洗面台前の「歯磨きコーナー」。同僚にも提案して廊下にテープを貼り、歯磨き中はそこから出ないよう子どもたちに約束させた。自宅から持ってくる歯ブラシのリスクも減らそうと、保護者には力を加えると柄が曲がる事故防止用に買い替えるよう呼び掛ける。

 子ども安全管理士の役割は、遊具の点検や行事の見直しなど、事故原因を取り除くリスク管理だ。「事故は安全管理士1人ではなくせない。子どもや同僚、保護者にも意識してもらうことが大事」と佐尾さん。

 同市の子ども安全管理士制度は、NPO法人「Love&Safetyおおむら」が主導。17年度に第1期の養成講座を開催し、計10回の講座を修了した38人を市が子ども安全管理士に認定した。第2期もスタートしており、市は未就学児だけでなく、小学生が通う放課後児童クラブ(学童保育)なども含めた市内130の施設全てに、子ども安全管理士を配置する方針だ。

      *

 同市で子どもの事故防止の取り組みが本格化したのは11年。「こどもを事故から守るプロジェクト」として、小児科院長で同法人理事長の出口貴美子さん(54)が中心になり、市内の幼稚園や保育所、医療機関などの協力を得て、市内の0~19歳のけがに関するデータを収集。国立研究開発法人「産業技術総合研究所」に分析を依頼した。

 17年7月までに集まったデータのうち、未就学児が通う施設での事故は1174件。うち「転んだ」「ぶつかった(ぶつけられた)」が6割を占め、原因は友達、椅子、遊具、ドアなど多岐にわたった。分析結果はパンフレットにまとめて関連施設などに配布し、事故防止を呼び掛けている。

 政府は待機児童解消のため保育施設の拡充を急ぐが「規制緩和が進むと、安全管理がおろそかになりかねない。事故のデータを科学的に分析して予防につなげるリスクマネジメントがますます重要になる」と出口さん。その担い手として市に導入を提案したのが「子ども安全管理士」だ。

 養成講座の講師でもあり、全国の保育現場などで安全研修を開く「プラムネット」(神奈川県)アウトドア共育事業部統括リーダーの渡辺直史さん(47)によると、リスクは環境、子ども、保育者に大別される。遊具や服装の安全性は保たれているか、子ども同士でトラブルは起きないか、保育者が目を離す可能性はないか-。こうした視点でリスクを一つずつ具体化し、取り除くことが安全への第一歩という。

 一方でリスクの行き過ぎた排除は、子どもの好奇心や危険を察知する能力なども奪いかねない。渡辺さんは「子どもの学びや成長に必要なリスクを見極め、安全に提供するのも保育現場の役割」と指摘している。

    ×      ×

 【ワードBOX】子ども安全管理士

 5歳の長男を河川事故で亡くした吉川優子さん(46)=神奈川県=が代表を務める一般社団法人「吉川慎之介記念基金」が提唱する安全管理者。公的な資格ではなく、同財団は2015~16年に東京や大阪で養成講座を開き、約200人を認定した。長崎県大村市ではNPO法人「Love&Safetyおおむら」が同財団の了承を得て独自のプログラムで養成。リスク管理の手法や心肺蘇生法など計10回の講座を開き、市が認定している。

=2018/06/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]