ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

認知機能検査

 75歳以上の免許保有者を対象とし、記憶力や判断力に問題がないか確認する検査。免許更新時や、逆走など18項目の違反をした際に臨時で受検が課せられる。複数のイラストを見て一定時間後にどの程度記憶しているか確認したり、指定された時刻の時計の絵を描いたりする。認知症の恐れがある第1分類、認知機能低下の恐れがある第2分類、認知機能低下の恐れがない第3分類に判定。第1分類の場合は医師の診察が義務付けられ、認知症と診断されると免許取り消しや停止の処分となる。

2018年06月07日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]