ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

農業用ため池

 農業用水を貯水する人工的な池で西日本に多い。農林水産省によると、2007年からの10年間で、自然災害により計約8800カ所のため池で決壊や堤の損壊などの被害が確認され、原因別では豪雨が7割、地震が3割だった。16年の熊本地震でも農業用ダムにひびが入る被害が出た。東日本大震災後、国は各自治体に耐震性や豪雨への耐性などの一斉点検を求め、各自治体が一部を「防災重点ため池」に指定した。指定されると、ハザードマップ作成や、必要に応じ堤や排水設備「洪水吐(こうずいばき)」などの改修対象となる。

2018年07月06日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]