ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

自民党総裁選の仕組み

 党所属国会議員20人の推薦を得た国会議員が立候補できる。405人の国会議員票と党員・党友による地方票405票の計810票のうち、過半数を得れば当選する。地方票は従来300票に固定されていたが、2014年に国会議員と同数にした。配分も、都道府県ごとの「持ち票」を得票に応じてドント式で割り振る方式から、党本部が全国集計した上でドント式で振り分ける方式に改定した。今回は12年総裁選以来、6年ぶりの選挙戦となった。

2018年09月16日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]