ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

公衆無線LAN

 無線でネットワークに接続できる機器「アクセスポイント(AP)」を公共施設や商業施設、ホテル、駅、空港などに設置して提供するインターネット接続サービス。2002年ごろから通信事業者が導入。データ量や通信料金を気にせず高速通信ができるため、スマートフォンの普及に伴って12年ごろから急速に拡大した。自治体などが無料で提供する公衆無線LANにはAPの識別名(SSID)を「○○フリーWi-Fi」などに統一したものが多い。通信内容を暗号化するAPを使うにはパスワードなどが必要となる。

2018年08月11日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]