ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

関西空港の台風21号被害

 大阪府泉佐野市など泉州地域沖約5キロの海上にある人工島に建設された関西空港で9月4日、1994年の開港以来最大の瞬間風速58・1メートルを記録した台風21号による波が護岸を越え、1期島の滑走路やビルなどが広範囲にわたって浸水。滑走路の排水機能も停止し、空港は全面閉鎖した。対岸とつなぐ連絡橋には、強風に流されたタンカーが衝突。橋桁2本が破損して通行不能となり、関空に一時、利用客ら約8千人が取り残された。連絡橋は暫定的な車線運用が続き、完全復旧は来春になる見込み。

2018年12月04日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]