ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

勾留理由開示の手続き

 検察官は、逮捕や送検された容疑者、起訴された被告が証拠隠滅や逃亡の恐れがある場合に勾留を裁判所に請求し、認められれば刑事施設に勾留することができる。それに対し、被告・容疑者側が裁判所に求めれば、勾留を認めた理由を説明する法廷が公開で開かれる。被告・容疑者、弁護人は意見を述べることができる。

2019年01月07日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]