泡盛のおすすめランキング20選!選び方や美味しい飲み方まで徹底解説

「泡盛のおすすめ銘柄が知りたい」「プレゼントに泡盛を贈ろうと考えている」

今回の記事ではそんな方に向け、初心者向けの銘柄から泡盛ファンも納得の逸品をラインナップしました。

目的別の泡盛の選び方や、泡盛と焼酎の違い、泡盛のおいしい飲み方も解説します。

目次

泡盛とは

泡盛とは沖縄県発祥の蒸留酒。

沖縄県では「島酒」や「シマー」の愛称で親しまれています。

独特の甘やかな風味が特長で、泡盛は日本の蒸留酒のルーツという説も。

酒税法上では「単式蒸留酒」に分類され、焼酎の一つに位置付けられます。

一般的な焼酎は芋や麦、米などと麹が原材料に使われますが、泡盛は米麹のみを原料米としている点が特徴です。

泡盛の特徴は?

【特徴1】濃厚な甘味のある強い味わい

泡盛はバニラを思わせるような甘い風味が魅力。

原材料に米麹のみを使用しているため、まろやかな甘味が感じられます。

初めて泡盛を飲んで、ほかの焼酎よりも飲みやすいと感じる人も少なくありません。

【特徴2】パワフルなアルコール度数

平均的な泡盛のアルコール度数は30%です。

焼酎のアルコール度数は20〜25%が一般的ですので、泡盛のアルコール度数は焼酎よりも高めと言えるでしょう。

お酒好きな方はガツンとストレートで、泡盛初心者は水割りやカクテルにして楽しむことができます。

高いアルコール度数だからこそ、飲み方の幅が広い点も魅力です。

【特徴3】熟成によって味わいが増す

泡盛は熟成によって円熟した味わいへと変化していきます。

時間が経つにつれ、アルコールと水分が馴染んで口当たりはよりまろやかに。

さらに泡盛に含まれる香り成分が変化を起こし、甘いバニラや黒糖を思わせる香りが生まれます。

3年以上熟成させた泡盛は「古酒(クース)」と呼ばれ、泡盛ファンに非常に人気です。

泡盛の選び方

【選び方1】一般酒か古酒か

泡盛は熟成期間によって「一般酒」と「古酒」に分けられます。

一般酒

熟成期間が3年未満の泡盛です。

単に「泡盛」と呼ばれたり、熟成していないことから「新酒」と呼ばれたりすることもあります。

香りが穏やかで、すっきりと飲みやすい味わいが特徴。

初めて泡盛を飲む方や、カジュアルに泡盛を飲みたい方におすすめです。

古酒(クース)

3年以上の熟成を経た泡盛です。

熟成によってまろやかな口当たりと、複雑な香りが楽しめます。

バニラや黒糖などの甘い香りや、爽やかなフルーツ、コーヒー、キノコなど、銘柄によって個性はさまざまです。

中にはアルコール度数が40%を越える骨太な銘柄も。

まろやかな味わいがあるので泡盛ファンはもちろん、銘柄によっては泡盛初心者にもおすすめです。

【選び方2】蒸留方法で選ぶ

蒸留酒である泡盛は、蒸留の方法によって風味やボリュームが異なります。

味わい全体のボリューム感を判断したいとき、蒸留方法に注目しましょう。

常圧蒸留

味わい深い仕上がりになる伝統的な蒸留方法です。

高温下で蒸留が行われるため、原材料である米麹の甘い風味が泡盛に溶け込みます。

しっかりとした味わいの泡盛が飲みたい方におすすめ。

減圧蒸留

すっきりと落ち着いた味わいになる蒸留方法です。

圧力をかけた低温下で蒸留を行うことで、穏やかでフルーティーな泡盛が仕上がります。

軽やかな味わいの泡盛を飲みたい方におすすめ。

【選び方3】産地で選ぶ

泡盛は沖縄各地で生産されています。

産地によって味わいに特徴が現れますので、好みに合う産地を選んでみてください。

沖縄北部【どっしりと濃厚な味わい】

沖縄北部は森林が広がる自然豊かな地域。

小規模な酒蔵が多く、野性味あふれるパワフルな泡盛が多くあります。

はっきりとした味わいが好みの方におすすめ。

沖縄中部【飲みやすくまろやかな味わい】

沖縄中部はアメリカ文化が入り混じった特徴があります。

そのため泡盛もマイルドで飲みやすい仕上がりに。

泡盛初心者の方は沖縄中部の泡盛から始めてみてはいかがでしょうか。

沖縄南部【伝統的な銘柄が多い】

沖縄南部は那覇市を含む沖縄の中心部です。

酒蔵の数が最も多い地域であり、古くからの製法を用いた歴史ある泡盛が多くあります。

銘柄選びで失敗したくない方は沖縄南部の泡盛を選びましょう。

離島【島の個性を楽しめる】

沖縄の魅力と言えば数種類の離島。

久米島や宮古島、与那国島などで作られる泡盛は、その島特有の個性が泡盛に反映されています。

泡盛の作られた沖縄の風土やストーリーも楽しみたい方におすすめ。

【選び方4】容器で選ぶ

泡盛は多彩な容器で販売されています。

目的別に最適な容器を選ぶと良いでしょう。

瓶は最もポピュラーな泡盛の容器です。

瓶の特徴は「自家熟成」ができるところ。

瓶に入った泡盛は保存性が高く、熟成に適しています

若い泡盛を購入して、自分で古酒を作る場合は瓶入りの泡盛がおすすめです。

また、趣のあるレトロなラベルも瓶の魅力でしょう。

パック

パックは使い勝手の良い容器です。

軽く持ち運びやすいので、友人宅での飲み会やバーベキューなど野外イベントで活躍するでしょう。

また、飲み終わった後の処理も簡単で、リサイクル可能というメリットもあります。

利便性を重視する方にパックはおすすめです。

壷は泡盛ならではの容器です。

大きな壷に入った泡盛はインパクトがあり、見た目も楽しむことができるでしょう。

壷入りの泡盛は注ぎ足しながら古酒を作る、沖縄伝統の「仕次ぎ」という熟成方法を行うことができます。

泡盛ファンの方や、プレゼント用として壷入りの泡盛はおすすめです。

泡盛の選び方まとめ表

選び方初心者・デイリー飲み向き上級者・プレゼント向き
タイプ一般酒古酒
蒸留方法減圧蒸留常圧蒸留
産地沖縄中部  沖縄南部離島  沖縄北部
容器瓶 パック

おすすめ泡盛20選

おすすめの泡盛を20銘柄をタイプや目的別に厳選しました。

初心者や泡盛ファンまで幅広く楽しめる銘柄をピックアップしたので、気になる銘柄があったらぜひお試しください。

初心者にもおすすめ!飲みやすい銘柄10選

瑞泉

130年以上の歴史を誇る老舗蔵元の泡盛。

まろやかでソフトな味わいと、後を引かない淡麗な味わいが魅力です。

味わいやボトルデザインを変えることなく、沖縄の伝統を継承し続けています。

なにを飲めばいいか迷った方はぜひ瑞泉を。

蔵元:瑞泉酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:一般酒産地:沖縄南部
アルコール度数:30%容器:瓶
created by Rinker
¥1,627 (2022/07/04 06:44:26時点 Amazon調べ-詳細)

残波 ブラック

「ザンクロ」の愛称で親しまれる人気の1本。

すっきりとした切れ味があり、フルーティーな香りがあります。

ロック、水割り、ソーダ割りなど、飲み方も自由です。

泡盛初心者の方や、宅飲みシーンにおすすめな定番泡盛。

蔵元:比嘉酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:一般酒産地:沖縄中部
アルコール度数:30%容器:パック
created by Rinker
比嘉酒造
¥2,090 (2022/07/04 06:44:27時点 Amazon調べ-詳細)

久米島 グリーンボトル

古くから沖縄で親しまれている久米島産の人気泡盛。

黒麹仕込みのキレのある味わいが魅力です。

パックなのでデイリー飲みの泡盛としておすすめ。

シークワーサーを絞って飲むことでより爽やかに楽しめます。

蔵元:久米島の久米仙蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:一般酒産地:久米島
アルコール度数:30%容器:パック

八重泉

石垣島で作られるバランスの取れた泡盛です。

蒸留には伝統製法である直火式蒸留を採用。

どっしりとした厚みのある味わいと、黒麹仕込みによりキレの良さを両立しました。

石垣島の風土を表した人気の1本です。

蔵元:八重泉酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:一般酒産地:石垣島
アルコール度数:30%容器:瓶
created by Rinker
八重泉
¥940 (2022/07/04 06:44:27時点 Amazon調べ-詳細)

まるた

やんばる(山原)の恵みを活かした泡盛です。

銘水地として知られるやんばるの山々から流れるミネラル豊かな水を仕込み水に使用。

自然の恵みが感じられるまろやかで清々しい味わいがあります。

地元やんばるでは非常に人気の高い銘柄です。

蔵元:やんばる酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:一般酒産地:沖縄北部
アルコール度数:30%容器:瓶
created by Rinker
まるた
¥1,375 (2022/07/04 06:44:28時点 Amazon調べ-詳細)

島うらら

石垣島産の米を原材料に使った泡盛。

米の甘味が引き立つ味わいに仕上がっています。

減圧蒸留でアルコール度数も25%と低めなので、泡盛初心者におすすめです。

爽やかなブルーを基調とした可愛らしいボトルデザインも魅力です。

蔵元:八重泉酒造蒸留方法:減圧蒸留
タイプ:一般酒産地:石垣島
アルコール度数:25%容器:瓶
created by Rinker
八重泉
¥2,000 (2022/07/04 06:44:30時点 Amazon調べ-詳細)

咲元 復刻ラベル

落ち着きのある味わいの泡盛です。

低温発酵によるやわらかな口当たりが魅力。

「老麹」と呼ばれる特別な麹が使われており、味わい深さも感じられます。

ロックやお湯割りでじっくりと味わうのがおすすめ。

蔵元:咲元酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:一般酒産地:沖縄中部
アルコール度数:30%容器:瓶

時雨

150年の歴史を持つ沖縄最古の泡盛です。

華やかな香りとやわらかな口当たりが感じられます。

余韻の風味が特徴的で、満足感のある後味が特徴的。

泡盛好きなら1度は飲んでおきたい老舗の代表銘柄です。

蔵元:識名酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:一般酒産地:沖縄南部
アルコール度数:30%容器:瓶
created by Rinker
★時雨
¥943 (2022/07/04 06:44:30時点 Amazon調べ-詳細)

ender 天然吟酵母仕込み

やさしさをコンセプトにした泡盛。

低温発酵と減圧蒸留により華やかな香りを生み出しました。

すっきりとキレのある味わいがあり、ワインや日本酒好きな方にもおすすめできます。

ワイングラスで飲むことでより香りを楽しめるでしょう。

蔵元:瑞穂酒造蒸留方法:減圧蒸留
タイプ:一般酒産地:沖縄南部
アルコール度数:25%容器:瓶
created by Rinker
ender(エンダー)
¥1,743 (2022/07/04 08:58:23時点 Amazon調べ-詳細)

琉球王朝

古酒がブレンドされた満足度の高い泡盛。

一般酒でありながら古酒がブレンドされているため、味わいは濃厚です。

やわらかな口当たりと飲みごたえがあり、コストパフォーマンスに優れています。

購入した後に熟成させることで古酒へと変化させることも可能です。

蔵元:多良川酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:一般酒産地:宮古島
アルコール度数:30%容器:瓶
created by Rinker
琉球王朝
¥2,100 (2022/07/04 08:58:24時点 Amazon調べ-詳細)

初心者にもおすすめ!飲みやすい銘柄10選 比較表

泡盛ファンにおすすめ!飲みごたえのある古酒5選

残波プレミアム

選び抜かれた古酒をブレンドしたプレミアムな残波です。

5年熟成の古酒の中から選りすぐりの古酒を60%ブレンドしました。

常圧蒸留と減圧蒸留がブレンドされているので、軽やかながら深みのある味わい。

バランスの取れた古酒を楽しみたい方におすすめです。

蔵元:比嘉酒造蒸留方法:常圧・減圧蒸留ブレンド
タイプ:古酒産地:沖縄中部
アルコール度数:30%容器:瓶
created by Rinker
残波ブラック
¥2,170 (2022/07/04 08:58:25時点 Amazon調べ-詳細)

菊之露 VIP スタンダード

バランスの良い味わいの古酒です。

5年古酒をベースに複雑味と飲みやすさの両立を目指しました。

一般酒のような飲みやすさと、古酒らしいバニラの香りが特徴。

古酒初心者には最適な銘柄です。

蔵元:菊之露酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:古酒産地:宮古島
アルコール度数:30%容器:瓶
created by Rinker
菊之露酒造
¥2,178 (2022/07/04 08:58:26時点 Amazon調べ-詳細)

ヘリオス くら

樫樽で熟成させた古酒です。

樽熟成によって琥珀色に輝く泡盛からは、バニラの香りを強く感じます。

甘味のあるウイスキーのような感覚で楽しむことができるでしょう。

ロックでじっくり、ソーダ割りでハイボールのように楽しむのがおすすめです。

蔵元:ヘリオス酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:古酒産地:沖縄中部
アルコール度数:25%容器:瓶
created by Rinker
ヘリオス酒造
¥1,491 (2022/07/04 08:58:28時点 Amazon調べ-詳細)

瑞泉 おもろ 15年古酒

味わいとコクに磨きをかけた15年ものの古酒です。

43%のアルコール度数がありますが、それを思わせないまろやかさがあります。

追熟も可能で、購入した後に自家熟成も可能なマニア向けの1本。

開栓後もゆっくりと時間をかけて飲むことをおすすめします。

蔵元:瑞泉酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:古酒産地:沖縄南部
アルコール度数:43%容器:瓶
created by Rinker
瑞泉酒造
¥4,850 (2022/07/04 08:58:29時点 Amazon調べ-詳細)

まさひろ ゴールド古酒 5年

華やかさと力強さを感じる古酒。

熟成した数種類の古酒の中から厳選したものを集めてブレンド。

強いアルコールの飲みごたえと、長く余韻広がる複雑な香りが感じられます。

ロックやストレートで古酒の魅力をぜひじっくりとお楽しみください。

蔵元:まさひろ酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:古酒産地:沖縄南部
アルコール度数:43%容器:瓶
created by Rinker
まさひろ
¥2,594 (2022/07/04 08:58:27時点 Amazon調べ-詳細)

泡盛ファンにおすすめ!飲みごたえのある古酒5選 比較表

プレゼントにおすすめ!贈答向け泡盛5選

千年の響き 長期熟成古酒

長期熟成による芳醇さが特徴の古酒。

木樽熟成によりブランデーのような香りを身に纏いました。

口に含むとチョコレートを思わせるうっとりする甘味がじわりと口の中に広がります。

上質なボトルデザインも合わさり、プレゼントとして喜ばれること間違いなしです。

蔵元:今帰仁酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:古酒産地:沖縄北部
アルコール度数:43%容器:瓶

泡波

一般酒でありながら幻の泡盛とも呼ばれる超入手困難銘柄。

石垣島のさらに南に位置する波照間島で製造される極少量生産の泡盛です。

波照間の塩気を含む地下水が仕込み水に使われており、ソフトな甘味を絶妙に引き立ててくれます。

泡盛ファンなら誰しもが飲んでみたい幻の銘柄です。

蔵元:波照間酒造所蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:一般酒産地:波照間島
アルコール度数:30%容器:瓶
created by Rinker
泡波
¥6,143 (2022/07/04 09:13:59時点 Amazon調べ-詳細)

どなん 60度 古酒

「花酒」と呼ばれるハイアルコールの泡盛です。

花酒は与那国島だけで製造されている、加水調整されていない泡盛の原酒を指します。

原酒ならではの非常に華やかな香りと、強烈な辛みの後にくるコクが魅力。

冷凍庫でキンキンに冷やして飲むパーシャルショットのほか、さまざまな飲み方を楽しめます。

ジンやウォッカなどハードリカー好きな方や、珍しいお酒好きの方におすすめです。

蔵元:国泉蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:花酒産地:与那国島
アルコール度数:60%容器:瓶
created by Rinker
琉球泡盛 与那国
¥3,333 (2022/07/04 08:58:29時点 Amazon調べ-詳細)

松藤 3年古酒 5合壷

手頃なサイズ感の壷入り古酒。

3年熟成による程よいまろやかさが感じられます。

インテリアとしてもちょうどいいサイズで、記念品におすすめ。

注ぎ足しをすることでオリジナルの古酒を作ることもできます。

蔵元:崎山酒造廠蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:古酒産地:沖縄中部
アルコール度数:43%容器:壷

瑞泉 43度古酒 1升巻壷

1升サイズの壷入り古酒です。

熟成期間3年の古酒のため、程よい複雑味と穏やかな口当たりがあります。

1升と容量の大きい壷は、さまざまな泡盛をブレンドして熟成するには最適なサイズです。

泡盛好きな方へのプレゼントや、家で古酒を楽しみたい方におすすめ。

蔵元:瑞泉酒造蒸留方法:常圧蒸留
タイプ:古酒産地:沖縄南部
アルコール度数:43%容器:壷

プレゼントにおすすめ!贈答向け泡盛5選 比較表

泡盛の美味しい飲み方

【飲み方1】ロック

ロックは泡盛の最もポピュラーな飲み方。

氷を入れることで、きりっと爽やかな飲み口になります。

温暖な気候の沖縄では人気の飲み方です。

泡盛の基本の飲み方なので、銘柄の味わいをしっかり楽しみたい方におすすめ。

【飲み方2】水割り

やわらかな味わいが特徴の水割り。

水で割ることでアルコール度数が抑えられ、飲みやすくなります。

味わいの強さもほどよくなるので、食事との相性も抜群です。

食事と一緒に泡盛を楽しみたい方や、アルコールを抑えたい方は水割りで飲むと良いでしょう。

【飲み方3】お湯割り

お湯割りは泡盛の甘味を引き立ててくれます

濃厚なコクや甘やかな風味を、ほっこりとした気持ちとともに味わえるでしょう。

複雑な味わいの古酒は特にお湯割りで飲むことをおすすめします。

お湯割りを作る場合、お湯を注いだ後に泡盛を入れることでうまく混ざります。

【飲み方4】ソーダ割り

爽快な味わいを楽しめるソーダ割り。

ソーダで割ることで爽快感が増し、ほどよくアルコール度数が下がり飲みやすさは抜群です。

クセの少ない一般酒や、柑橘系の香りが特徴の古酒がソーダ割りにおすすめ

ハイボール感覚で楽しめるので、泡盛初心者の方にも向いているでしょう。

泡盛に合わせるご当地おつまみ

【おつまみ1】ゴーヤーチャンプルー

沖縄のソウルフードの一つであるゴーヤーチャンプルー。

苦味のあるゴーヤと、泡盛の甘味のある風味が絶妙にマッチします。

島豆腐やスパムなどの食材を使うことで、より沖縄気分を楽しめるのでおすすめ。

水割りやソーダ割りにした泡盛とぜひ一緒にお楽しみください。

【おつまみ2】ミミガー

コリコリとした食感が楽しめるミミガー。

甘辛い醤油やポン酢、酢味噌などで味付けされることが多く、お酒のおつまみとして非常に人気です。

濃い目の味付けなので、パワフルな味わいの泡盛と相性抜群。

味わい深い古酒はもちろん、さっぱりとした一般酒と合わせても良いでしょう

【おつまみ3】海ぶどう

沖縄を代表する海産物の海ぶどう。

ぷちぷちとした食感とほのかな磯の風味を感じることができます。

海ぶどうはすっきりタイプの泡盛と好相性です。

泡盛と合わせることで、沖縄気分を楽しめるでしょう。

【おつまみ4】タコライス

沖縄のB級グルメとして知られるタコライス。

アメリカの食文化であるタコスが米食文化と混ざり合い、沖縄でタコライスが誕生しました。

スパイシーでボリュームのあるタコライスは、お酒がどんどん進む味わい。

レモンを絞ったソーダ割りの泡盛と合わせるのがおすすめです。

まとめ

泡盛は甘い風味が特徴の沖縄原産の蒸留酒です。

好みの泡盛を探す際は一般酒か古酒、さらには蒸留方法、産地、容器などで選ぶと良いでしょう。

泡盛はアルコール度数が高いからこそ、ロックや水割り、ソーダ割りなどさまざまな飲み方で楽しむことができます。

合わせるおつまみはゴーヤーチャンプルー、海ぶどうなどの沖縄グルメがおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【JSA認定 SAKE DIPLOMA】業務用酒販店勤務。酒屋の立場で様々なお酒を飲んだり、メーカーやインポーターと会話をし最新情報を収集しています。醸造酒全般に詳しくその中でもクラフトビールを愛でている。

お酒の総合Webメディア SAKECOMIでもライターを務める
https://sakecomi.com/

目次
閉じる