焼酎のアルコール度数はどれくらい?20度と25度の違いやおすすめ銘柄まで解説

今回の記事では焼酎のアルコール度数の違いについて解説。

この記事を読むことで、焼度数による特徴やおすすめの銘柄を知ることができるでしょう。

焼酎を割って飲んだときのアルコール度数の計算方法なども解説します。

目次

焼酎のアルコール度数はどれくらい?

焼酎の一般的なアルコール度数は20~25度

焼酎のアルコール度数は20~25度程度。

ほかのお酒と比べてみましょう。

【お酒別の平均的なアルコール度数 比較表】

お酒の種類平均的なアルコール度数(度)
ビール5度
ワイン12~14度
日本酒15度
焼酎20~25度
ウイスキー40度
ウォッカ40度

こうしてみると、焼酎はお酒全体の中で中程度のアルコール度数。

なお、酒税法ではお酒の種類別にアルコール度数が規定されています。

焼酎の定義<アルコール度数>
・連続式蒸留焼酎 アルコール36度未満
・単式蒸留焼酎  アルコール45度未満

蒸留酒である焼酎は、完成した「原酒」の状態で40度程度の高いアルコール度数があります。

そこに「割り水」として水が加えられ、アルコール度数が20~25度まで調節されるのです。

なかには割り水を行わず、原酒のままで発売される濃厚な焼酎もあります。

なぜ焼酎は25度と20度が多い?

焼酎に25度と20度が多い理由は、酒税法の変化と味わいへの影響が関わっています。

酒税法の変化

現行の酒税法における税率は昭和28年に改正されたものです。

改正以前の酒税法は、アルコール度数「26度未満」の焼酎に一律の税率を課すというもの。

そのため、酒税が一律の昭和28年までは25度の焼酎が一般に普及していました。

それが現行の酒税法では、アルコール度数「21度未満」の焼酎は一律の税率。

21度以上の焼酎はアルコール度数が上がるごとに税額が加算される仕組みとなります。

こういった背景があり、新たに20度の銘柄が生まれたり、25度の銘柄が残っていたりするのです。

アルコール度数による焼酎の味わいの違い

焼酎のアルコール度数は味わいに影響をもたらします。

アルコール度数が高ければ加水調整の割合が少なくなるため、濃厚でパワフルな味わいに。

アルコール度数が低い焼酎は、滑らかで飲みやすい味わいになります。

消費者の嗜好に合わせ、25度と20度の両方を発売している焼酎メーカーも少なくありません。

また、九州地方でもとくに宮崎県では20度の焼酎が好まれています。

宮崎では焼酎をストレートで楽しむ風習があるため、より飲みやすい20度の焼酎が人気とのこと。

好みの飲み方によって、焼酎のアルコール度数を変えてみても良いでしょう。

アルコール度数別の特徴

【20度】さっぱりと飲みやすい

20度の焼酎は口当たりの良い柔らかな味わいがあります。

ライトな仕上がりとなっているので、焼酎初心者や強いアルコールが苦手な方におすすめ。

また、焼酎をストレートで飲みたいお酒好きな方にも向いているでしょう。

【25度】バランスの取れた定番の度数

25度は焼酎の中でも定番といえる度数です。

焼酎の風味がしっかりと感じられ、飲みやすさもありバランスが取れています。

ストレートやロックはもちろん、水割りやソーダ割りなど多様な飲み方を楽しめるでしょう。

焼酎中では定番な度数なので、銘柄も豊富にあります。

【原酒】力強い個性あふれる味わい

原酒の焼酎はウイスキーやウォッカなどと同じく、アルコール度数が40度程度あります。

加水調整をしていないため、焼酎本来の香りや味わいを堪能できる点が原酒の魅力。

アルコール度数は強烈ですが、その分水割りやお湯割りでも味わいが崩れません。

焼酎本来の風味を楽しみたい方や、ウイスキーやウォッカなどの蒸留酒が好きな方に原酒はおすすめです。

アルコール別のおすすめ焼酎15選

アルコール20度のおすすめ焼酎5選

白霧島

甘味と旨味が絶妙なバランスの芋焼酎。

白麹を使用したやわらかな味わいが魅力です。

芋も優しい香りも感じられ、ライトな飲み心地を楽しめます。

どんな飲み方でも美味しくいただける定番の芋焼酎です。

蔵元:霧島酒造種類:芋焼酎
アルコール度数:20度産地:宮崎県

泥亀

甘味を強く感じる芋焼酎。

どんな人にも親しまれる飲みやすい焼酎がコンセプト。

芋の風味がしっかり感じられ、甘味のある軽い味わいが魅力です。

通称「ドロボール」と呼ばれるソーダ割りがおすすめ。

蔵元:大島酒造種類:芋焼酎
アルコール度数:20度産地:長崎県

いいちこ

下町のナポレオンの相性で親しまれる人気の麦焼酎。

やわらかな口当たりと穏やかな麦の風味が特徴。

飲み飽きしない味わいなので晩酌酒として最適です。

飲みやすさを求める方におすすめ。

蔵元:三和酒類種類:麦焼酎
アルコール度数:20度産地:大分県

神の河 ライト

樽熟成を行った芳醇な麦焼酎。

厳選した麦を原料とした焼酎をホワイトオークで貯蔵。

バニラのような華やかな香りと滑らかな口当たりを楽しめます。

ソーダ割りにすることで軽やかなハイボールのような味わいに。

蔵元:薩摩酒造種類:麦焼酎
アルコール度数:20度産地:鹿児島県

キンミヤ焼酎

大衆酒場で愛される甲類焼酎。

やさしい甘味とピュアですっきりとした口当たりが魅力。

そのまま飲むのはもちろん、サワーやホッピーのベースとしても活躍します。

シンプルな味わいが好みの方におすすめ。

蔵元:宮崎本店種類:甲類焼酎
アルコール度数:20度産地:三重県

アルコール20度のおすすめ焼酎5選 比較表

アルコール25度のおすすめ焼酎5選

黒霧島

キリリとした爽快感のある芋焼酎。

芋の甘味がありながら、キレ味抜群の後味が特徴です。

さっぱりとした味わいなので、どんな食事とも合わせやすい1本。

全国で愛飲されている芋焼酎を代表する人気銘柄。

蔵元:霧島酒造種類:芋焼酎
アルコール度数:25度産地:宮崎県

だいやめ

独自製法で華やかな香りを生み出した芋焼酎です。

「香熟芋」と呼ばれる熟成した芋を原材料に使用。

通常の芋焼酎に無いようなライチを思わせる香りが感じられます。

ソーダ割りでさっぱりと、食後酒にストレートで飲むのがおすすめ。

蔵元:濱田酒造種類:芋焼酎
アルコール度数:25度産地:鹿児島県

佐藤 麦

濃密な香ばしさが魅力の麦焼酎。

焙煎された麦の芳醇な風味や、バニラやチョコを思わせるような香りが魅力。

香ばしさを伴う濃厚な甘味やコクが余韻まで続きます。

完成度の高いプレミアムな麦焼酎です。

蔵元:佐藤酒造種類:麦焼酎
アルコール度数:25度産地:鹿児島県

高千穂 白ラベル

旨味と飲みごたえのある麦焼酎。

柔らかな口当たりと香ばしい麦のコクを楽しめます。

黒麹仕込みならではのキレの良い後味も魅力。

麦の風味を楽しめるロックやお湯割りで飲むのがおすすめ。

蔵元:高千穂酒造種類:麦焼酎
アルコール度数:25度産地:宮崎県

鳥飼

華やかな吟醸香を楽しめる米焼酎。

白い花や果実のようなフルーティーな香りを感じます。

ほのかな米の甘みと、すっと消えていく上品な味わいが特徴。

日本酒好きな方におすすめしたい華やかな焼酎です。

蔵元:鳥飼種類:米焼酎
アルコール度数:25度産地:熊本県

アルコール25度のおすすめ焼酎5選 比較表

原酒タイプのおすすめ焼酎5選

特別蒸留 きりしま

霧島酒造独自の蒸留方法でつくられた芋焼酎原酒。

味わいや香りを豊富に含んだ凝縮感のある仕上がり。

40度のアルコールを感じさせない角のないふくよかな味わいがあります。

純白の陶器を使ったボトルデザインも魅力です。

蔵元:霧島酒造種類:芋焼酎
アルコール度数:40度産地:宮崎県

三岳 原酒

屋久島の豊かな自然の中でつくられた芋焼酎原酒。

原酒ならではの濃密な芋の旨味が魅力。

甘味や旨味の後にはドライな後味があり、原酒らしい力強さを感じます。

ロックで味わいの変化をゆっくりと楽しむのがおすすめ。

蔵元:三岳酒造種類:芋焼酎
アルコール度数:39度産地:鹿児島県

天使の誘惑

長期熟成を経てつくられる長期熟成芋焼酎。

7年以上オーク樽で熟成した焼酎の原酒のみを瓶詰めしました。

年代物のブランデーのような芳醇な香り、洗練された甘味と旨味を楽しめます。

国際的なお酒の品評会で最高金賞トロフィーを受賞した、世界レベルの焼酎です。

蔵元:西酒造種類:芋焼酎
アルコール度数:40度産地:鹿児島県

百年の孤独

幻の焼酎とも呼ばれる超人気の麦焼酎原酒。

ホワイトオークに長期貯蔵した芳醇な香りとシルキーな味わいが特徴。

口に含むとオークやココナッツなどの香りや、麦の甘味が口いっぱいに広がります。

ウイスキーやブランデーを思わせるような高級感を持ったプレミアム焼酎です。

蔵元:黒木本店種類:麦焼酎
アルコール度数:40度産地:宮崎県

爆弾ハナタレ

華やかな香りが爆発的に広がる初垂れ焼酎。

焼酎のエキスが最も詰まった蒸留の最初期部分である「初垂れ」だけを瓶詰めしました。

バナナやマンゴーを思わせる果実の香り、芋のピュアな甘味を堪能できます。

パーシャルショットやロックで焼酎本来の風味をお楽しみください。

蔵元:黒木本店種類:芋焼酎
アルコール度数:44度産地:宮崎県

原酒タイプのおすすめ焼酎5選 比較表

焼酎のアルコール度数計算

一般的な割り方のアルコール度数 早見表

25度の焼酎を割り材で割った場合のアルコール度数を表にまとめました。

焼酎(25度) : 割り物(水・お湯・ソーダ)アルコール度数
1     :     45度
1     :     36.25度
2     :     310度
3     :     215度
3     :     118.75度

水割り焼酎を作るときのアルコール度数の計算式

自分で焼酎のアルコール度数を計算したい方のために、アルコール度数の計算式もご紹介します。

アルコール度数の計算式は下記の通りです。

アルコール度数の計算式
アルコール度数=アルコール量÷飲み物全体の量

【例】25度の焼酎で焼酎2:水3の割合で水割りを作る場合のアルコール度数

2:3の水割り焼酎を例に挙げ、実際にアルコール度数を計算してみましょう。

まず最初にアルコール量を計算します。

アルコール量は下記の公式で求めることが可能です。

アルコール量の計算式
アルコール量=アルコール度数×アルコール液体量

今回はアルコール度数25度の焼酎を使うので、アルコール度数を数字に直すと0.25。

アルコール液体量は焼酎の量なので、2Xとします(Xを量とし、焼酎2:水3の割合なので焼酎の量は2Xとなる)。

これらの数値をアルコール量の式に代入すると

アルコール量=0.25×2X
      =0.5X

アルコール量を0.5Xとして求めることができました。

続いてこれをアルコール度数の公式に当てはめます。

アルコール度数の計算式
アルコール度数=アルコール量÷飲み物全体の量

アルコール度数=アルコール量(0.5X)÷飲み物全体の量(2X+3X)
アルコール度数=0.5X÷5X
       =0.1=10%

25度の焼酎を焼酎2:水3の割合で作ると、アルコール度数は10度という計算になります。

焼酎の飲み方

【飲み方1】ロック

ロックは焼酎の味わいをしっかりと感じる飲み方。

氷で冷えた焼酎はすっきりした口当たりですが、味わいは濃厚です。

氷が溶けることで次第にアルコールが穏やかになっていきます。

飲み進めるたびに味わいの変化が起きるので、ゆっくりと焼酎を楽しみたい方におすすめ。

【飲み方2】水割り

水割りはすっきりとのど越しが良く飲みやすい味わい。

好みの割合にすることでアルコール度数を自由に調節できます。

食事とも合わせやすくなるので、焼酎と料理との組み合わせを楽しみたい方におすすめです。

アルコールの刺激をより緩和したい方は、事前に焼酎と水を混ぜてひと晩寝かせる「前割り」を試してみると良いでしょう。

【飲み方3】お湯割り

お湯割りは焼酎の風味や味わいが引き立つ飲み方です。

湯気から焼酎の香りが感じられ、温度が上がることで甘味が引き立ちます。

焼酎の風味が立った25度や原酒が特にお湯割りと相性が良いでしょう。

お湯割りを作る際はお湯を先、焼酎を後に入れることでおいしいお湯割りができます。

【飲み方4】ソーダ割り

爽快な飲みやすさが人気のソーダ割り。

弾ける炭酸が焼酎の香りを運び、爽やかなのど越しを生み出します。

ハイボール感覚で楽しめるので、焼酎初心者や食中酒としておすすめです。

20度の焼酎ではよりライトに、原酒を使えばコクのあるソーダ割りに仕上がります。

【飲み方5】ストレート

焼酎本来の味わいが楽しめるストレート。

割り物を使わないので、ダイレクトに焼酎の個性を楽しむことができます。

ストレートで焼酎を飲むなら度数の低い20度がおすすめです。

25度や原酒の焼酎ももちろんストレートで楽しめますが、チェイサーを忘れずに。

【飲み方6】パーシャルショット

氷温まで冷やした焼酎をストレートで楽しむパーシャルショット。

焼酎などの蒸留酒は冷凍庫で保存することで、アルコールが半冷凍されトロトロした食感に。

半冷凍されることでアルコール感は和らぎ、いつもと違うとろりとした口当たりを楽しめます。

口に含んだ焼酎の温度が上がり、閉じていた香りがふわっと広がっていく感覚もパーシャルショットの魅力です。

パーシャルショットにはアルコール度数が高い原酒が最もおすすめ。

まとめ

焼酎のアルコール度数は20~25度が一般的です。

20度はライトで飲みやすく、25度は味わいと飲みやすさのバランスが取れています。

風味が濃厚で40程度のアルコールのある原酒タイプも焼酎ファンに人気。

焼酎は割って飲むことでアルコール度数を調節することができます。

ストレートやロック、水割りなど好みの飲み方に合わせ、焼酎の度数を選んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【JSA認定 SAKE DIPLOMA】業務用酒販店勤務。酒屋の立場で様々なお酒を飲んだり、メーカーやインポーターと会話をし最新情報を収集しています。醸造酒全般に詳しくその中でもクラフトビールを愛でている。

お酒の総合Webメディア SAKECOMIでもライターを務める
https://sakecomi.com/

目次
閉じる