特約で自転車保険(共済)もカバーする「マイカー共済」の魅力とは?

PR Sponsored by 全国労働者共済生活協同組合連合会

 車を所有して人の中には「万が一の事故の時の補償が心配…」「毎月の自動車保険(共済)にかけるお金はできるだけ安くしたい」など悩みを抱えている人も多いのでは。同じ保険料(掛金)であれば、幅広い補償やサービスが付いている保険(共済)に加入できると、なおさらうれしいですよね。自動車保険(共済)は毎月かかる固定費なので、一度見直すことで、家計の見直しにもつながることになります。
こくみん共済 coop では、「交通事故のない安心できる社会をつくりたい」をスローガンに、手頃な掛金で幅広い補償が付いている「マイカー共済」を展開。契約数も約217万件(2019年度末時点)と多くの方に利用されているので安心です。
 


割引&サポート内容で安心のマイカー共済

 こくみん共済 coop のマイカー共済の魅力は大きく三つ。

①    割引制度でお手頃な掛金
②    安心のサポート体制
③    充実の補償内容

あらかじめ決まった金額を毎月支払うことが多い自動車保険(共済)の保険料(掛金)ですが、マイカー共済の場合、長期間無事故の優良ドライバーであれば、割引額が大きくなります。そのため、毎月支払う掛金が少なくなる特徴があります。事故を起こさないことで、家計の負担軽減にもつながるのはうれしいですね。
また、全国各地で24時間365日、事故発生から事故後のフォローまでサポートしてもらえるのもポイント。事故現場でのロードサービスもついている(※条件あり)ので、万が一、事故を起こした際にもフォローしてもらえるので安心です。
 さらに自分自身への補償だけでなく、相手への賠償までしっかりとカバーしているのも魅力。人身傷害はもちろん、対人・対物賠償、車両損害補償も付いているので、さまざまなタイプの事故にも対応できる補償内容になっています。
 


義務化された自転車保険(共済)へも特約で加入可能

 割引制度と幅広い補償内容が魅力のマイカー共済。マイカー共済では、特約で自動車以外の補償を付けることができ、お手頃な掛金で補償内容をさらに充実させることができます。
例えば、交通事故で被害を被った際の弁護士への相談・依頼の費用を補償してくれる特約サービスも掛金月々210円で用意されています。
また、2020年10月1日より福岡県で義務化された自転車保険(共済)への加入。自転車を利用する人は、自転車保険(共済)に加入しなければいけませんが、マイカー共済には、特約で自転車賠償責任補償特約を付けることができるので安心です。掛金月々110円という手頃な費用を支払うことで、自転車保険(共済)へ加入できるようになっています。

万が一の事故のために加入する自動車保険(共済)。マイカー共済は、家計にも優しい手頃な掛金で固定費を抑えることができ、補償内容が幅広いのが魅力になっています。義務化された自転車保険(共済)にも特約で加入できるので、自動車保険(共済)の見直しにマイカー共済も検討してみてはいかがでしょうか。